ヤマアニキ式|最も合理的で、シンプルなのに有効な、デイトレ思考。

XMのZero口座は取引手数料がめちゃ高い!スタンダード口座との比較とほかのおすすめFX業者

この記事は約7分で読めます。
ブル吉
ブル吉

XMTrading Zero口座ってさ、取引手数料が取られるけどスタンダード口座よりもお得なのかなぁ?うまい人はスプレッドが狭い口座を使うって聞いたことあんだよね

ベア吉
ベア吉

いやー、ゼロ口座のスプレッドが狭いのは分かるんだけど、取引手数料取られるのは抵抗あるわ。多少スプレッド広くても手数料がないスタンダード口座でいいや

ヤマアニキ
ヤマアニキ

別にトレードうまい人全員がゼロスプレッド口座を使っているわけじゃない。最終的には自分との相性だからな。ひとつ言っておくと、XMのZero口座については使うメリットが本当にない。使うのはやめておけ

XM(エックスエム)にはいくつかの口座タイプが用意されていますが、そのうちの1つがXMTrading Zero口座です。この口座は取引手数料がかかる代わりにスプレッドが狭くなっています。

 

スタンダード口座と比べると、取引手数料を考慮してもコスト的にXMTrading Zero口座のほうが有利になります。しかし、どれほど有利なのか実感が湧かない人もいるでしょう。

 

そこで今回は、Zero口座とスタンダード口座、Zero口座と他社のゼロスプレッド口座を比較しながら、XMTrading Zero口座のコストがどの程度安いかを判断していきたいと思います。Zero口座を使おうか迷っている人はぜひ参考にしてみてください。

XMTrading Zero口座とは?スタンダードとスペック比較

まず最初に、XMTrading Zero口座がどんな口座なのか、スタンダード口座と比較しながら確認していきましょう。

XMTrading Zeroスタンダード
ロットの数量100,000通貨/ロット100,000通貨/ロット
レバレッジ最大500倍最大888倍
最大保有可能ポジション数200200
最小取引サイズ0.01ロット0.01ロット
最大取引サイズ50ロット(5,000,000通貨)50ロット(5,000,000通貨)
取引手数料往復10ドルなし
追証の有無なしなし
口座開設ボーナスありあり
入金ボーナスなしあり
XMP付与なしあり
最低入金額100ドル5ドル
取引手数料が口座から差し引かれるタイミングは、MT4を使っていれば注文時に往復分が取られ、MT5を使っていれば注文時に片道分、決済時に片道分が取られます。

この表の中で特に注目しなければならないのが、Zero口座は入金ボーナス非対応で、さらにXMPも付与されないこと。XMを使うメリットはボーナスやXMPですから、これらが使えない時点でXMを利用する必要がなくなります。別の海外FX業者でもいいというわけです。

 

続いて、XMTrading Zero口座とスタンダード口座のスプレッドを比較しました。

通貨ペアXMTrading Zeroスタンダード
EURUSD0.1pips1.6pips
USDJPY0.1pips1.6pips
EURJPY0.4pips2.5pips
GBPUSD0.3pips2.1pips
GBPJPY1.2pips3.3pips
EURGBP0.3pips2pips
AUDJPY1.2pips3.3pips
NZDJPY2pips3.2pips
GBPNZD3pips5.9pips

これだけ見ると、Zero口座のほうが圧倒的に狭く、非常に有利なように見えます。しかし実際にはZero口座には別途取引手数料がかかります。

XMTrading Zero口座は、スプレッド取引手数料の2つを合わせてコストとして考えなければなりません。Zero口座では1ロット当たり、注文時に5ドル、決済に5ドル(往復で合計10ドル)の取引手数料が発生します。1ロットにおいて10ドルというのは、スプレッド換算で約1pipsです。よって、XMTrading Zero口座で取引する場合、提示されているスプレッドに、プラス1pipsすることで、合計のコストが把握できます。

逆にスタンダード口座のほうはXMPが貯まります。エリートステータスなら20XMP/ロットが付与され、これは1ドル=105円なら700円分のボーナスになります。

1ロット取引において700円というのは、スプレッド換算で約0.7pipsです。よって、エリートステータスのスタンダード口座で取引する場合、提示されているスプレッドに、マイナス0.7pipsすることで実質コストを求めることができます。

これらを考慮して実質スプレッドを導き出した表が↓です。

通貨ペアXMTrading Zeroスタンダード
EURUSD1.1pips0.9pips
USDJPY1.1pips0.9pips
EURJPY1.2pips1.8pips
GBPUSD1.3pips1.4pips
GBPJPY1.9pips2.6pips
EURGBP1.4pips1.3pips
AUDJPY2.2pips2.6pips
NZDJPY3pips2.5pips
GBPNZD4pips5.2pips

すると、XMPを獲得しながらスタンダード口座を使ったほうが実質コストが安くなる通貨ペアが出てきます。これは何を意味しているかというと、XMPの還元率の高さと、Zero口座の取引手数料の高さ

 

マイナーな通貨ペアを取引することが多いのであれば、スタンダード口座よりはコストを抑えられますが、「圧倒的にZero口座が有利」とは言えません。

XMTrading Zero口座と他社口座を比較

XM以外にもゼロスプレッド口座を用意している海外FX業者はたくさんあるので、スプレッドを比較してみます。

通貨ペアXMTradeviewAXIORYTitan FXHotForex
EURUSD0.1pips0pips0.1pips0.2pips0.3pips
USDJPY0.1pips0.1pips0.3pips0.33pips0.3pips
EURJPY0.4pips0.1pips0.3pips0.74pips0.5pips
GBPUSD0.3pips0.2pips0.5pips0.57pips0.5pips
GBPJPY1.2pips0.9pips0.7pips1.45pips1pips
EURGBP0.3pips0.4pips0.5pips0.53pips0.7pips
AUDJPY1.2pips0.4pips0.5pips1.12pips0.7pips
NZDJPY2pips0.7pips0.7pips1.62pips0.9pips
GBPNZD3pips1.3pips1.4pips4.81pips1.8pips

これにそれぞれ取引手数料が別途かかってきます。取引手数料をpips換算してスプレッドに上乗せしたのが下の表になります。

通貨ペアXMTradeviewAXIORYTitan FXHotForex
EURUSD1.1pips0.5pips0.7pips0.9pips0.9pips
USDJPY1.1pips0.6pips0.9pips1.03pips0.9pips
EURJPY1.2pips0.6pips0.9pips1.44pips1.1pips
GBPUSD1.3pips0.7pips1.1pips1.27pips1.1pips
GBPJPY1.9pips1.4pips1.3pips2.15pips1.6pips
EURGBP1.4pips0.9pips1.1pips1.23pips1.5pips
AUDJPY2.2pips0.9pips1.1pips1.82pips1.5pips
NZDJPY3pips1.2pips1.3pips2.32pips1.7pips
GBPNZD4pips1.8pips2pips5.51pips2.6pips

すると、途端にXMのZero口座の実質スプレッドが広くなります。結局のところXMTrading Zero口座は取引手数料(往復10ドル)が高すぎて、他社と比べた時に不利になってしまうのです。

 

スプレッドの狭さ、取引手数料の安さで強いのはTradeviewAXIORYです。

実質スプレッドが一番低いTradeview

コスト面で最も有利になるのがTradeviewです。もともとのスプレッドが低く、さらに取引手数料も往復5ドルと業界一の安さ。金融ライセンスについても、信頼性が高いCIMA(ケイマン諸島金融庁)のものを取得しています。

CIMAはFATF(マネー・ロンダリング防止推進多国籍機関)から、アメリカに次いで5位にランク付けされているので、かなりしっかりとした金融ライセンスであることがわかります。

日本人が使える海外FX業者の中でここまでクオリティが高い金融ライセンスを取得しているところはありません。

 

ただし、最低入金額が10万円以上で、かつ、ロスカット水準100%(資金管理が必要)なので中~上級者向けの印象を受けます。実力のある人がさらにコストを下げてトレードできる環境を提供しています。

初心者も気軽に始められるAXIORY

AXIORYも業界トップレベルでスプレッドが狭く、取引手数料も往復6ドルと安いです。さらに2万円以上で入出金手数料が無料になります(Curfex利用推奨)。この入金額のハードルの低さが、Tradeviewよりも初心者向きと言われている理由です。

 

また、AXIORYは2016年からThe Financial Commissionに加盟しており、信託保全を完備しています(1人2万ユーロまで補償)。The Financial Commissionには20社を超える海外FX業者が加盟しています。

XMTrading Zero口座はどんな人におすすめ?

XMTrading Zero口座がおすすめな人は、取引コストを抑えたいけど、わざわざ別の海外FX業者で口座開設したくない人。口座開設には本人確認書類の提出など少し面倒なところがあるので、そういう煩わしい作業を避けたい人なら、XMTrading Zero口座を使ってもいいかもしれません。

 

しかし、XMのメリットはボーナスやXMPを使って有利なトレードができるところです。それができない時点でXMの利用価値は低く、他社と比較しても取引手数料が高いZero口座は使うメリットがほとんどありません。

 

Zero口座を使うくらいならスタンダード口座を使ったほうがいいと思いますし、可能ならば他社に移ったほうが賢明です。

ヤマアニキ
ヤマアニキ

XMTrading Zero口座はマジで使えない。こんな、あらゆるメリットをはぎ取った抜け殻口座を使うヤツの気が知れないな

ブル吉
ブル吉

まさか他社と比較してここまで取引手数料が高いとは!さすがにこれだとコスパ悪いなぁ。AXIORYなら簡単に始められそうだから登録してみようかな?cTraderも使えるみたいだし挑戦してみるか

ベア吉
ベア吉

Zero口座使うくらいなら全然スタンダード口座でええやん。今後もXMP貯めながらボーナス使ってトレードしていくことにするわ