ヤマアニキ式|最も合理的で、シンプルなのに有効な、デイトレ思考。

XMがセーシェル金融ライセンスを取得した理由と安全性について

この記事は約5分で読めます。
ブル吉
ブル吉

XMの金融ライセンスはセーシェル共和国のものだけど安全性はどうなんだろう?マイナーだし、取得も簡単なんじゃない?金融ライセンスは顧客資金の安全が守られてこそだから、形だけのライセンスは意味ないよね

ベア吉
ベア吉

なんかさぁ、日本人が使える海外FX業者ってどこも基本的にマイナーなライセンスを保有してるんだけど…。大丈夫なんか?

ヤマアニキ
ヤマアニキ

たしかにマイナーなものが多いよな。信託保全が義務化されているわけじゃないから安全性も高いとは言えない。だが、金融ライセンスがマイナーだからこそハイレバレッジが可能になっているし、追証も無くすことができているんだ

XM(エックスエム)はセーシェル共和国の金融ライセンスを取得しています。ライセンスを取得している時点で安心だと判断してしまう人もいるかもしれませんが、世の中には大した審査もなく簡単に取得できるライセンスも存在するのです。

 

では、セーシェルの金融ライセンスはどの程度信頼できるものなのでしょうか?考察していきたいと思います。

XMはセーシェルのSecurities Dealerライセンスを取得

セーシェル金融サービス局(Seychelles Financial Service Authority)はさまざまな金融ライセンスを発行していますが、その中でもXMが取得しているのは「Securities Dealer」ライセンスです。

Securities Dealerライセンス取得の条件

Securities Dealerライセンスを取得維持するためには登録費用と年会費を支払う必要があります。

セーシェル金融サービス局の資料によると、登録費用は1,000ドル、年会費は2,500ドルとなっています。また、最低払込資本金50,000ドルなど、一定の資金力を持っていることが条件となっています。

 

ただ、登録条件自体はさほど厳しいものではないので、安全性が高いとは言い切れません。

XMがセーシェル金融ライセンスを取得した理由

なぜセーシェルの金融ラインセスなのか?その理由は日本人にハイレバレッジ、追証なし、ボーナスといったサービスを提供するためです。

金融ライセンスが変わった流れ
  • ~2016年
    キプロス金融ライセンス下のXM
    2016年頃まではキプロスの金融ライセンスを取得していたXMを、日本人も利用できた。
  • 2016年
    金融庁の圧力を受け日本人口座をセーシェル法人に移行
    日本の金融庁の圧力を受け、キプロスの金融ライセンス下では日本人の利用が規制された。それを回避するためにセーシェルの金融ライセンスを取得し、XMTradingを設立。今までと同じサービスを継続して日本人に提供している。

2016年頃までは日本人も、キプロスの金融ライセンス(CySEC)下にいるXMを利用できていました。CySECは信託保全を義務化しており、ライセンス取得も条件が厳しいので、安全性の高いライセンスです。

 

しかし、金融庁が日本人の海外FX業者利用を禁止しようとCySECに圧力をかけました。これにより日本人のXM利用は絶たれたかに思えましたが、XMはセーシェル法人「XMTrading」を設立し、日本人口座をこちらに移行。このように抜け道を作り、さらに「本ウェブサイトは日本居住者を対象としたものではありません」とアピールすることで、現在もXMを使い続けることができています。

XMグループが取得している金融ライセンス
  • Trading Point of Financial Instruments LtdCySEC(キプロス証券取引委員会)
  • Trading Point of Financial Instruments UK LtdFCA(英国FCA)
  • Trading Point of Financial Instruments Pty LtdASIC(オーストラリア証券投資委員会)
  • XM Global LimitedIFSC(国際金融サービス委員会)
  • Trading Point MENA LimitedDFSA(ドバイ金融サービス局)
  • Tradexfin LimitedFSA(セーシェル)

セーシェルの金融ライセンスは安全性がさほど高くありません。また、日本人向けに作られたXMTradingは、キプロス金融ライセンス下のXMから独立した別企業です。

 

ただ、金融ライセンスがセーシェルなのは、日本人に対して無責任な運営を始めるためではなく、金融庁の圧力から逃れ、これまで通りのサービスを提供するためだということを覚えておきましょう。

信頼性を取るかサービスを取るか2択

海外FX業者は金融庁の登録を受けていない、いわば無登録業者です。日本の管理下になく、警告文も出されているので、何かトラブルが起きても完全自己責任となってしまいます。

 

しかし、無登録業者だからこそ、金融庁に従わなくてもいいという側面もあります。そのおかげでレバレッジは25倍ではなく888倍、口座がマイナスになっても追証なしが可能で(顧客への補填OK)、ボーナスといったサービスも行えています。

ヤマアニキ
ヤマアニキ

みんなマイナーな金融ライセンスに対して「安全性が低い」と言う。その通りなんだけど、マイナーじゃなきゃ提供できないサービスがあるんだ。むしろ金融庁の圧力が届かない金融ライセンスが存在していて感謝だよ

ブル吉
ブル吉

そっか。まぁ金融ライセンスはマイナーでもいいんだよね。ただ自分の資金が安全かどうかが心配。やっぱある程度は割り切って使うことが必要なのか

ベア吉
ベア吉

幸いにも海外FXはハイレバレッジだから、入金資金が少なくてもまともなトレードができる。なくなっても少額なら諦めがつくし、利益が出たらすぐ出金するようにすればいいんちゃうか!?