ヤマアニキ式|最も合理的で、シンプルなのに有効な、デイトレ思考。

XM(エックスエム)のスプレッドを計算して実質手数料がいくらか把握しよう

この記事は約3分で読めます。
ブル吉
ブル吉

FXのスプレッドって手数料みたいなもんだよね?

ベア吉
ベア吉

毎回の取引でだいたいいくら分支払ってるんだろう?

ヤマアニキ
ヤマアニキ

それじゃあXMのスプレッドを基にいくらか計算してみよう!

XM(エックスエム)のスプレッドがいくらか計算してみよう

基本的な考えとしては、“1pipsがいくらか”が分かれば、スプレッドがいくらかも分かる。

 

例えばドル円。1pipsは0.01円の位であることは知っているだろうか?これが分かれば、あとは自分の取引枚数を掛け合わせればいい。1ロット=100,000枚だから、仮に自分の取引ロットが0.01ロット(1,000枚)なら、1,000枚×0.01(円)=10(円)。1pipsが10円ということだ。

 

あとは、ドル円のスプレッドを確認して、仮に1.6pipsだとしたら、10円×1.6=16円。これがドル円を0.01ロットで取引した時にかかる毎回の費用(スプレッド分)である。

 

0.1ロットなら160円。1ロットなら1,600円。10ロットなら16,000円となる。

スプレッドは自分で計算しないほうがいい

日本円口座を使用していて、USDJPY、EURJPY、GBPJPYのような、表記がJPYで終わる通貨に関しては計算が簡単だ。

 

しかし、EURUSD、EURGBPのように、JPY以外の通貨ペアに対して、「1pipsが日本円で何円か?」を計算するのは非常に面倒くさい。

 

そこで、XMのピップ値計算機を使うことをおすすめする。

これは、通貨ペア・口座の基本通貨・口座タイプ・ロット数量の4つを入力するだけで、ピップ値(1pipsがいくらか)を瞬時に算出してくれる。

 

試しにやってみよう!以下では通貨ペアをユーロドル。口座の基本通貨はJPY。口座タイプはスタンダード。ロット数量は0.2ロットにしてみた。

「計算する」をクリック。

 

すると、1pips当たり219.82円であることが分かった。EURUSDのスプレッドはだいたい1.7pipsだから、219.82×1.7=373.694円と判明。ユーロドルを0.2ロットで取引した時のスプレッドは、約374円分のようだ。

 

このように、計算機に必要な値を入力するだけで、簡単にスプレッドが計算できる。

ヤマアニキ
ヤマアニキ

ピップ値計算機のページはブックマーク必須だ

ブル吉
ブル吉

pipsがいくらか分かれば損切りラインを決める時にも役に立ちそうだね!

ベア吉
ベア吉

なんだかpips計算が簡単に思えてきたよ♪