ヤマアニキ式|最も合理的で、シンプルなのに有効な、デイトレ思考。

なぜXMのおすすめレバレッジは888倍?納得な理由とレバレッジのかけかた(実効レバレッジの計算方法)

この記事は約13分で読めます。
ブル吉
ブル吉

XMで口座開設する時ってレバレッジを自分で選ぶよね?あれはどれを選ぶのがいいんだろう?「ハイレバレッジは危険」ってよく言われるけど、おすすめとかある?

ベア吉
ベア吉

あとさ、「実効レバレッジ」っつー言葉も聞いたことあるんだが。通常のレバレッジとどう違うんだ?なんかさ、こういうモヤモヤが解けないと安心してトレードできないんだわ…

ヤマアニキ
ヤマアニキ

確かにXMを使うならレバレッジの知識は必須だな。でも一度勉強してしまえば悩むこともなくなるぞ。実効レバレッジが何なのか、レバレッジの操り方も全て教えてやろう

海外FX業者は揃ってレバレッジが高いですが、どう扱えばいいのか理解していない方も多いと思います。

 

また、XM(エックスエム)で口座開設する時にはレバレッジが選べるようになっていますが、知識がないとこういったところでも迷いが出てくるのではないでしょうか?さらに「実効レバレッジ」という言葉も出てきて、初心者にとってはあまりに複雑すぎます。

 

たとえ説明を聞いても、「理屈はわかるけど具体的にはどうなの?」というところまで知りたい人も中にはいるでしょう。

 

そこで今回は、どうしてXMでは「1:888」を選ぶのが良いとされているのか、レバレッジのかけかた(実効レバレッジの話)、ハイレバレッジが危険と言われている理由などを具体的な数値を用いて初心者にもわかりやすく解説していきたいと思います。モヤモヤを完全に解消したい人は集中して読んでみてください。

XMのおすすめレバレッジが888倍の理由

XMでは、口座開設する時にレバレッジを選択する項目があります。

選択肢が非常に多く、細かく選択できるようになっていますが、絶対的におすすめなのが「1:888」です。それには明確な理由があります。

「1:888」を選ぶ2つのメリット+α
  • 証拠金が少なくて済む(入金する資金が少なくて済む)
  • 同じ残高、同じ取引数量でもロスカットまでのpips数が有利になる
  • α:ハイリスクハイリターンな取引ができる

メリット1:証拠金が少なくて済む(入金する資金が少なくて済む)

口座のレバレッジ設定を高くすることで、証拠金が少なくて済みます。要するに、入金する資金が少なくてもまともな取引ができるということです。

証拠金:取引をするのに必要となる資金の量(必要証拠金)

下の表を見てください。これは、1ロット(100,000通貨)取引するのに必要となる証拠金を示しています。

1ロット取引時に必要な証拠金ユーロドル(1.2ドル)ドル円(100円)ユーロ円(120円)ポンド円(140円)
1:112,000,000円10,000,000円12,000,000円14,000,000円
1:26,000,000円5,000,000円6,000,000円7,000,000円
1:34,000,000円3,333,333円4,000,000円4,666,666円
1:52,400,000円2,000,000円2,400,000円2,800,000円
1:101,200,000円1,000,000円1,200,000円1,400,000円
1:15800,000円666,666円800,000円933,333円
1:20600,000円500,000円600,000円700,000円
1:25(国内FX)480,000円400,000円480,000円560,000円
1:50240,000円200,000円240,000円280,000円
1:66181,818円151,515円181,818円212,121円
1:100120,000円100,000円120,000円140,000円
1:20060,000円50,000円60,000円70,000円
1:30040,000円33,333円40,000円46,666円
1:40030,000円25,000円30,000円35,000円
1:50024,000円20,000円24,000円28,000円
1:88813,513円11,261円13,513円15,765円

一目瞭然、口座のレバレッジが高くなればなるほど、必要な資金が少なくて済みます。

ベア吉
ベア吉

すげー!だったら「1:888」を選んだほうがいいじゃん!

ヤマアニキ
ヤマアニキ

基本的にはそうだな。だが一応副作用についても話しておこう

「1:888」が一番いいはずなのに、どうしてレバレッジが選べるようになっているのでしょうか?例えば、1ロット(100,000通貨)取引するにあたり、最低限の残高(=必要証拠金)で挑んだ場合の、ロスカットされるまでのpips数を表で見ていきましょう。

XMでは有効証拠金(必要証拠金±含み損益)が、必要証拠金の20%になったら強制ロスカットされる
ロスカットまでのpips数ユーロドル(1.2ドル)ドル円(100円)ユーロ円(120円)ポンド円(140円)
1:19,600pips8,000pips9,600pips11,200pips
1:24,800pips4,000pips4,800pips5,600pips
1:33,200pips2,666pips3,200pips3,733pips
1:51,920pips1,600pips1,920pips2,240pips
1:10960pips800pips960pips1,120pips
1:15640pips533pips640pips746pips
1:20480pips400pips480pips560pips
1:25(国内FX)384pips320pips384pips448pips
1:50192pips160pips192pips224pips
1:66145pips121pips145pips169pips
1:10096pips80pips96pips112pips
1:20048pips40pips48pips56pips
1:30032pips26pips32pips37pips
1:40024pips20pips24pips28pips
1:50019pips16pips19pips22pips
1:888 10pips9pips10pips12pips

口座のレバレッジ設定が高いほど、少ない資金で大きな取引ができます。しかし裏を返せば、大きな取引をすると少ない値動きでも含み損益が大きく変動するため、残高が少なければすぐにロスカットされてしまうのです。

 

別に「1:888」を選んでいたって、残高に余裕を持たせるか、取引数量を少なくすれば強制ロスカットは防ぐことができますから、資金管理ができる人は何の問題もありません。ただ、資金管理が壊滅的にできない人は、強制的に大きな取引ができないよう、口座レバレッジを下げて取引するのもアリかもしれません。

ヤマアニキ
ヤマアニキ

まともな人ならギリギリの証拠金で目一杯の取引数量を扱うなんてことはしないから、「1:888」を選ぶことを怖がる必要はないんだけどな

メリット2:同じ残高、同じ取引数量でもロスカットまでのpips数が有利になる

口座のレバレッジを高くすればするほど、同じ残高、同じ取引数量でもロスカットされるまでのpips数が有利になります。

 

下の表は残高10万円で1ロットを取引した時の、ロスカットまでのpips数を示しています。

残高口座レバレッジロット必要証拠金ロスカット水準ロスカット時の損失額耐えられるpips
100,000円1:11ロット10,000,000円取引不可
100,000円1:21ロット5,000,000円取引不可
100,000円1:31ロット3,333,333円取引不可
100,000円1:51ロット2,000,000円取引不可
100,000円1:101ロット1,000,000円取引不可
100,000円1:151ロット666,666円取引不可
100,000円1:201ロット500,000円取引不可
100,000円1:25(国内FX)1ロット400,000円取引不可
100,000円1:501ロット200,000円取引不可
100,000円1:661ロット151,515円取引不可
100,000円1:1001ロット100,000円20%(残高20,000円)80,000円80pips
100,000円1:2001ロット50,000円20%(残高10,000円)90,000円90pips
100,000円1:3001ロット33,333円20%(残高6,666円)93,334円93pips
100,000円1:4001ロット25,000円20%(残高5,000円)95,000円95pips
100,000円1:5001ロット20,000円20%(残高4,000円)96,000円96pips
100,000円1:8881ロット11,261円20%(残高2,252円)97,748円97pips

※1ドル=100円と仮定

すると、口座レバレッジが高いほうが、必要証拠金が少なくて済むため、強制ロスカットされるまでのpips数が大きくなります。要するに口座レバレッジが高いほうがロスカットされにくくなります。

 

基本は強制ロスカットに陥る前に自分で損切りして資金管理していくものですが、勝負をかける時やハイレバでトレードする場合は、できるだけロスカットに耐えられるほうがいいです。「1:888」を選択することは、勝負どころで有利になることだと覚えておきましょう。

α:ハイリスクハイリターンな取引ができる

口座のレバレッジが高ければ、それだけ残高に対して大きな数量を取引できます。口座に1万円あったとして、各最大レバレッジでドル円を取引した時、100pips(1円)の含み益が出た時の金額を比較してみましょう。

残高口座レバレッジロット必要証拠金1円動いた時の利益
10,000円1:1取引不可
10,000円1:2取引不可
10,000円1:3取引不可
10,000円1:5取引不可
10,000円1:100.01ロット10,000円1,000円
10,000円1:150.01ロット6,666円1,000円
10,000円1:200.02ロット10,000円2,000円
10,000円1:25(国内FX)0.02ロット8,000円2,000円
10,000円1:500.05ロット10,000円5,000円
10,000円1:660.06ロット9,090円6,000円
10,000円1:1000.1ロット10,000円10,000円
10,000円1:2000.2ロット10,000円20,000円
10,000円1:3000.3ロット10,000円30,000円
10,000円1:4000.4ロット10,000円40,000円
10,000円1:5000.5ロット10,000円50,000円
10,000円1:8880.88ロット9,909円88,000円

※1ドル=100円と仮定

すると残高が同じでも、レバレッジが高いほうが大きなロットを取引できるので、リターンが大きくなります。

 

すでに説明している通りハイレバレッジはハイリスクハイリターンなのでおすすめはしません。しかし、スキャルピングなど短期売買をする人にとっては、少ないpipsで大きく稼げるので有利になります。

XMでのレバレッジのかけかた(実効レバレッジの話)

初心者の中には「XMのレバレッジのかけかたが分からない…」と悩んでいる人がいます。この原因は、トレードする時に何倍の取引をするかをXM側で設定すると思い込んでいるからです。

 

しかし、実際には取引数量を自分で調整することでレバレッジ(実効レバレッジ)を調節します。ひとまず下の表を見てみましょう。残高10万円、「1:888」の口座でドル円を何ロット取引をすると実効レバレッジがいくつかになるかを示しています。

残高口座レバレッジロット必要証拠金実効レバレッジ
100,000円1:8880.01ロット112円1倍
100,000円1:8880.1ロット1,126円10倍
100,000円1:8880.5ロット5,630円50倍
100,000円1:8881ロット11,261円100倍
100,000円1:8885ロット56,306円500倍
100,000円1:8888.88ロット100,000円888倍

※1ドル=100円と仮定

口座のレバレッジ設定は、そのロットを取引するのに「1:〇」の比率の必要証拠金で済むことを示しています。実効レバレッジは、口座残高に対して何倍の数量を取引しているかで決まります。

 

トレードする上で重要なのは口座のレバレッジ設定よりも実効レバレッジです。同じ「1:888」でも、何ロットの取引をするかで実際のレバレッジが変わってきます。

上の表において、例えば0.01ロットなら1,000通貨(10万円)です。残高10万円に対して10万円分の取引数量を扱うのですから実効レバレッジは1倍となります。0.5ロットなら50,000通貨(500万円)なので、残高10万円に対して500万円分の取引数量を扱うのですから実効レバレッジは50倍ということになります。

ですから、「レバレッジはどうかければいいの?」という疑問に対しては、「常に口座のレバレッジ設定に合わせてレバレッジはかかるようになっている。後から特に何かを設定する必要はない。」が答えです。その上で「ロットを増減することで実効レバレッジを調整する」なのです。

ハイレバレッジが危険と言われている2つの理由

1. 資金管理ができない人にとって高い実効レバレッジはすぐ資金を溶かす原因になる

なぜ「ハイレバレッジは危険」と言われているのでしょうか?

 

その理由は、実効レバレッジを高くすると、ロスカットまでのpips数が小さくなり、確率的にロスカットされやすくなる(負けやすくなる)からです。下の表を見てください。

残高口座レバレッジロット必要証拠金実効レバレッジロスカット水準ロスカット時の損失額耐えられるpips
100,000円1:8880.01ロット112円1倍20%(残高22円)99,978円9,997pips
100,000円1:8880.1ロット1,126円10倍20%(残高225円)99,775円977pips
100,000円1:8880.5ロット5,630円50倍20%(残高1,126円)98,874円197pips
100,000円1:8881ロット11,261円100倍20%(残高2,252円)97,748円97pips
100,000円1:8885ロット56,306円500倍20%(残高11,261円)88,739円17pips
100,000円1:8888.88ロット100,000円888倍20%(残高20,000円)80,000円9pips

同じ「1:888」でも、取引ロットが変わることで、実効レバレッジが変わります

 

要するに、口座のレバレッジ設定を高くすることが危険なのではなくて、実効レバレッジを高くすることが危険なのです。実効レバレッジは残高に対して意図的に大きな数量を取引することですから、これは本人の資金管理の問題

 

また、実際は「危険」と言うのも違います。高い実効レバレッジによる取引を本人が望んでいて、リスクも承知でトレードしているのであれば、それを「危険」とひとくくりにするのはおかしいです。

例えば、FXに利用できる資金が10万円あったとします。しかし1回の損失を絶対に1万円以内に抑えたい。そういう時はXMの口座に1万円のみを入金し(強制的に損失を1万円以内に収める)、実効レバレッジが高い取引をします。たとえ負けてもまだ9万円残っていますし、入金を1万円のみにすることで、「あとから損切りラインを変更して1万円以上に損失拡大…」といった過ちも防げます。

ハイレバレッジも使い方次第、資金管理次第だということが分かりましたか?

2. 海外FX業者への顧客流出を防ぐ目的

海外FX業者と違って国内FX業者はハイレバレッジなトレードができません。なぜなら法律で「最大レバレッジは25倍」と決まっているからです。

 

するとやはり、ハイレバレッジを求めて海外FX業者を使おうとする人が出てきます。レバレッジが高ければ少ない資金でもある程度の取引ができますから、資金効率が良いのです。ですが皆が海外FXに流れてしまうと国内FX業者は困ります。だから「ハイレバは危険」という風潮を流しています。

 

しかし本質を理解していれば、一概に「ハイレバは危険」と言うことはできませんよね。そもそも資金管理ができない人は国内FX業者の25倍でも簡単に資金を溶かしてしまいます。

 

また、国内の「追証あり」の環境下では、ハイレバは非常に危険です。なぜなら大きな数量を取引していて、相場が大暴落し、ロスカットシステムが間に合わなければ、口座が大幅にマイナスになってしまうからです。でも海外FX業者は口座がマイナスになっても「追証なし」なので、借金になることがありません。

ヤマアニキ
ヤマアニキ

国内の事情があって「ハイレバ=危険」としているんだ。「高い実効レバレッジ=危険」と言うならまだわかるんだけどな。「ハイレバ」と言うだけではFX初心者は勘違いしてしまうだろう

ブル吉
ブル吉

「ハイレバ」と曖昧に表現することで勘違いを誘っている面もありそう

ハイレバトレードにならないための注意点

ハイレバレッジ(高い実効レバレッジ)のトレードはロスカットまでのpips数に余裕がありません。少しの逆行にしか耐えられないということは、それだけ負ける確率が上がるということ。

 

では、どうしたらハイレバトレードを避けて安全に取引できるようになるのでしょうか?コツは1回の損失額を決めてロット数を調整することです。要するに資金管理をすること。

 

例えばポンド円にて、損切りまでの幅を10pipsにしたい。そしてその時の損失額を1万円に抑えたいとします。

地道に計算していくのもいいですが、簡単にロット数を導き出せるツールが存在します。それがXMのピップ値計算機です。

損切り幅10pipsで1万円の損失額であれば、1pipsあたり1,000円(1万円÷10pips)ということになります。ここまでわかれば、あとはXMのピップ値計算機を開いて「ピップ値(1pip)」が1,000円になるように、「ロット数量」にいろいろ入力してみます(最初に1を入力してそこから調節していくといいかも)。

 

「ピップ値(1pip)」が1,000円になった時に入力していたロット数量が、知りたかったロットです。

ヤマアニキ
ヤマアニキ

ユーロドルを取引するとして、損切り幅50pipsで2万円の損失に抑えたかったらどうなる?

ブル吉
ブル吉

えーっと…、20,000円÷50pips=400円/pipsだから…、ピップ値計算機開いて入力っと…、あ、だいたい0.37ロットだね!

ヤマアニキ
ヤマアニキ

正解だ!簡単だろ?

XMにはレバレッジ規制がある

たとえXMで「1:888」を設定していたとしても、場合によってはレバレッジが制限されることがあります。

残高によるレバレッジ規制

XMは残高が一定以上になるとレバレッジ規制が入ります。

有効証拠金マイクロ口座スタンダード口座XMTrading Zero口座
$5~$20,000最大888倍最大888倍最大500倍
$20,001~$100,000最大200倍最大200倍最大200倍
$100,000~最大100倍最大100倍最大100倍

残高とは、口座が複数ある場合は合計残高が適用されます。また、レバレッジ規制は口座毎ではなく、アカウント毎に行われます。

例えば口座Aに10,000ドル、口座Bに15,000ドル、口座Cに100ドル入っている場合、合計残高は25,100ドルとなり、レバ規制で最大レバレッジは200倍に制限されます。また、口座A, B, Cすべてにおいてレバレッジが200倍になります。
ベア吉
ベア吉

ドル?ワイの口座単位はJPYなんだけど?

ヤマアニキ
ヤマアニキ

その場合は、200万円超え、1,000万円超えでレバ規制が入ると考えて大丈夫だ

もしレバレッジが制限されても、合計残高を20,000ドル以下にしてサポートに問い合わせれば解除してもらえます。

重要な経済指標の前後

重要な経済指標が発表される前後では、投資家が取引を控えることによる流動性の低下、ボラティリティの上昇、突発的な値動きが発生することがあります。そのため、レバレッジが制限されることがあります。

例えば2016年11月にアメリカの大統領選挙があった時は、すべての通貨ペア・貴金属(ゴールド、シルバー)がレバレッジ100倍、すべての株式指標・コモディティの全CFD商品がレバレッジ25倍にまで制限されてしまいました。

 

レバレッジ規制が大きい時はこのように事前にメールが届くので、常に心配する必要はありません。「こういうことがあるんだ」と頭の片隅に置いといてください。

商品によって異なるレバレッジ

口座レバレッジを「1:888」に設定しても、商品によっては最大レバレッジが決まっているものがあります。

通貨ペア

全ての口座タイプを対象に、MT4およびMT5プラットフォームにおけるEURDKKEURHKDGBPDKKUSDDKKUSDHKDUSDCNHEURRUBおよびUSDRUBのレバレッジは、最大1:50とし、USDTRYおよびEURTRY最大1:100とします。

 

全ての口座タイプを対象に、MT4およびMT5プラットフォームにおけるCHFを含む全通貨ペアのレバレッジは、最大1:400とします。

USDCHFCHFJPYEURCHFGBPCHFAUDCHFNZDCHFCADCHFCHFSGD

コモディティ(商品)

コモディティ(商品)はすべてレバレッジが最大50倍です。

株式指数

現物指数CFDのレバレッジは最大10~200倍です。

 

先物指数CFDのレバレッジは最大66~200倍です。

貴金属

その他の金属のPALL(パラジウム)とPLAT(プラチナ)はレバレッジが最大22倍です。

エネルギー

エネルギーのスプレッドは最大33~66倍です。

口座のレバレッジを確認する方法

もし今の口座のレバレッジ設定を知りたい場合、いくつか確認する方法があります。

 

1つ目は会員ページにログインして確認する方法です。

口座情報を見ればレバレッジが表示されています。

 

もっと簡単に確認する方法はMT4・MT5を使う方法です。

PC用のMT4・MT5なら口座にカーソルを合わせるだけでレバレッジ情報が出てきます。

 

また、スマホアプリのMT4・MT5でもOK。

インフォメーションマークをタップすると、

このようにレバレッジが表示されます。

口座のレバレッジ設定を変更する方法

口座のレバレッジ設定はあとから変更することも可能です。

会員ページにログインし、レバレッジを変更したい口座の「ペンマーク」をクリック。

 

希望のレバレッジを選択して「リクエスト送信」をクリック。変更処理が完了するとXMからメールが届きます。

ヤマアニキ
ヤマアニキ

結局「1:888」を選んでも、実効レバレッジをいくつでトレードするかは自分次第なんだ。レバレッジが高い口座は「自由度が高い」という認識でいい

ブル吉
ブル吉

そうだったんだね!888倍を選ぶと無条件でリスクが高くなるもんだと思ってたよ。これで躊躇なく「1:888」を選べる!

ベア吉
ベア吉

ハイレバ口座のほうが入金額少なくて済むのはいいよね。海外FX業者にそんなにたくさん入金したくないもん。あとロスカットに耐えられるのもええやん。わざわざレバレッジが低い設定を選ぶ意味がわからんな