ヤマアニキ式|最も合理的で、シンプルなのに有効な、デイトレ思考。

ヤマアニキの!2019年8月14日のチャート分析

この記事は約3分で読めます。
ヤマアニキの!2019年8月13日のチャート分析
ブル吉 今週はどんな戦略でいこうかな?やっぱり円高の流れに沿ってく? ベア吉 う~...
ブル吉
ブル吉

昨日すごい上げてきたよね!ノートレで助かった~

ベア吉
ベア吉

うわっ…、刈られたんだけどマジふざけんなトランプ…!来年の大統領選落ちろクソがッ!

ヤマアニキ
ヤマアニキ

あぁ、オレも刈られた。あそこまでの上げはさすがに予想できなかったから仕方ない

ヤマアニキの!2019年8月14日のチャート分析

米ドル円

トランプが関税延期を発表したことで、ドル円は107円までブチ上げてきた。H4の前回の調整時の高値を超えることはなかったが、まさか一瞬でここまで上げてくるとは、想像していなかった。

 

8月は市場参加者が減り、ボラティリティが上昇することはわかっていたが、それにしても、だ。

 

日足チャートはまだ下降トレンド。長期的には下がっていくと思っていたが、さらに上げてくるようなら方向感がわからなくなってくる。

ブル吉
ブル吉

トランプってやりたい放題すぎて、もう意味がわからないよね

ポンド円

ポンド円はこの前のペナント調整の時に作られたサポートラインをも上抜け、大幅に上昇した。オレは調整があったとしても、「このサポートラインだったところで止まるだろう」と油断していた。だが違った。H4でトレードしていて、損切りはフィボの100の少し上に設定していたから、見事に刈られてしまった。

 

H4を軸としたダウ理論で考えたなら、損切りラインはペナント調整の上に設定するべきだった。でもそれだと損切り幅が広くなりすぎると思ったんだ。D1チャートで、H4とは別のフィボを引いてみると、フィボ61.8を上抜けた後はヒゲをつけて抑えられている。

 

まぁ後からどうこう言っても仕方ねぇ。FXをしていれば想定外の損切りは何度も経験する。その中で気持ちを切り替え、いつも通り損小利大を目指していけばいい。

 

H1を見ると短期的にはレンジになってもおかしくないが、H4、D1を見ると未だに下降トレンドは継続中と見た。オレは再度ショートを仕掛けた。だが130.066を上抜けてくるようなら損切りだ。

ヤマアニキ
ヤマアニキ

今回のような突発的な動きというのは、投機筋が仕掛けていることもよくある。下げる勢いがなくなってきたことから、大口の投資家が一旦利確(買い)を行う場合もあるんだ。これをショートカバー(買い戻し)という。だからこの動きだけで「相場は上昇に転じた!」と決め付けないほうがいい

NZDJPY

キウイ円のショートポジションは無事だった。大きく上げてきてはいるが、H4チャートではフィボ61.8で抑えられている。また、週足(月足)で見た時に、これまでサポートラインだったところが、今後はレジスタンスラインとして意識されているようにも見える(D1の白いライン)。

 

中期的にはまだ下降トレンドと判断しているので、戻り売りチャンスと判断し、2つ目のショートポジションを仕込んだ。

ヤマアニキ
ヤマアニキ

ショートチャンスをくれてありがとな、トランプ

ブル吉
ブル吉

今の状況が電話会談なんかで改善するとは思えないよね

ベア吉
ベア吉

2週間後の電話会談失敗しろクソがッ!

ヤマアニキの!2019年8月15日のチャート分析
ブル吉 相場は落ち着きを取り戻しつつあるようだね ベア吉 う~ん、でも下げる勢いは...