ヤマアニキ式|最も合理的で、シンプルなのに有効な、デイトレ思考。

【スプレッド比較】AXIORY(アキシオリー)のナノスプレッド口座 vs 他海外FX業者のECN口座!

この記事は約6分で読めます。
ブル吉
ブル吉

もうXMのボーナスを使い切っちゃって、いっそのことスプレッドが狭いほかの海外FX業者に乗り換えようかな~って思ってるんだよね。AXIORYが気になってるんだけどどうなの?

ベア吉
ベア吉

AXIORYならいいんじゃない?ECN口座は取引手数料も安いらしいじゃん。手数料も積み重なると大きな差になるから大事だよな!

ヤマアニキ
ヤマアニキ

うむ、AXIORYのECN口座はスプレッドが狭いし、取引手数料も安い。コストを下げたいなら利用を検討してみるといいぞ

AXIORY(アキシオリー)はスプレッドが狭いことで有名です。また、ECN口座については取引手数料が安く、ほかの海外FX業者よりも有利にトレードをすることができます。

 

しかし、実際にはどの程度AXIORYが優れているのでしょうか?

 

今回は「ECN口座とは何か?」から、AXIORYのECN口座『ナノスプレッド口座』のスプレッドと取引手数料までを紹介していきたいと思います。具体的にほかの海外FX業者と比較していくので、ぜひ参考にしてみてください。

ECN口座とは?

ECNとは、取引の度に海外FX業者が取引手数料を課す注文方式です。

ECNElectronic Communications Network(電子通信ネットワーク)

ECN方式でトレードすると、電子取引ネットワーク上で取引が成立します。スプレッドが狭いのが特徴です。また、スリッページ(注文レートと実際の約定レートが異なる)、リクオート(取引拒否からの再提示)などがなく、約定スピードが早いので透明性が非常に高いです。

 

その代わりに取引手数料が発生し、これが海外FX業者の主な利益となります。ECN口座については最低入金額を高く設定しているFX業者もあります。

AXIORYのナノスプレッド口座を他社と比較

AXIORYでは2つの口座が用意されています。

  • スタンダード口座:STP口座(取引手数料がかからない口座)
  • ナノ・スプレッド口座:ECN口座(スタンダード口座よりスプレッドは狭いが、取引手数料がかかる口座)

それではナノスプレッド口座と、ほかの海外FX業者のECN口座を比較していきましょう。

スプレッドについて

ECN口座は基本的にスプレッドが狭いのが特徴ですが、中でもAXIORYのスプレッドは他社よりも狭い傾向にあります。

通貨ペアAXIORYTradeviewXMHotForexTitan FX
EURUSD0.1pips0pips0.1pips0.3pips0.2pips
USDJPY0.3pips0.1pips0.1pips 0.3pips0.33pips
EURJPY0.3pips0.1pips0.4pips0.5pips0.74pips
GBPUSD0.5pips0.2pips0.3pips0.5pips0.57pips
GBPJPY0.7pips0.9pips1.2pips1pips1.45pips
EURGBP0.5pips0.4pips0.3pips0.7pips0.53pips
AUDJPY0.5pips0.4pips1.2pips0.7pips1.12pips
NZDJPY0.7pips0.7pips2pips0.9pips1.62pips
GBPNZD1.4pips1.3pips3pips1.8pips4.81pips

Tradeviewの狭さが目立ちますが、それに次いでAXIORYも優秀です。

 

ただ、ECN口座はスプレッドとは別に取引手数料も発生します。次は各海外FX業者の取引手数料がいくらなのかを比較していきます。

取引手数料について

AXIORYのナノスプレッド口座の場合、1ロット取引あたり注文時に3ドル、決済時に3ドル、合計6ドルの取引手数料が発生します。

 

海外FX業者によって取引手数料は異なるので、下の表で確認してみましょう。

取引手数料AXIORYTradeviewXMHotForexTitan FX
注文時3ドル/ロット2.5ドル/ロット5ドル/ロット3~4ドル/ロット3.5ドル/ロット
決済時3ドル/ロット2.5ドル/ロット5ドル/ロット3~4ドル/ロット3.5ドル/ロット
合計(往復)6ドル/ロット5ドル/ロット10ドル/ロット6~8ドル/ロット7ドル/ロット

Tradeviewが非常に安く、AXIORYとHotForexはその次に安いです。ただしHotForexはマイナーな通貨ペアになると手数料が往復8ドル/ロットに上がってしまいます。

 

さて、各社のECN口座を比較する時は、スプレッドと取引手数料の2つを合計して考えなければなりません。そのため、取引手数料をpipsに換算します。以下、AXIORYを例に説明していきます。

取引手数料は1ロットあたり往復6ドル、0.1ロットなら往復0.6ドル、0.01ロットなら往復0.06ドルです。そして、この取引手数料分をpips換算すると0.6pipsになります。
1pipsは単位が『円』の場合0.01円を示し、『ドル』の場合は0.0001ドルを示します。ということは、1ロット(100,000ドル)に対する1pipsは100,000ドル×0.0001=10ドル。よって0.6pips6ドル。0.6pipsはロット数が変わっても変わりません。

各海外FX業者の取引手数料をpips換算したものが↓の表です。

取引手数料pips換算AXIORYTradeviewXMHotForexTitan FX
注文時0.3pips0.25pips0.5pips0.3~0.4pips0.35pips
決済時0.3pips0.25pips0.5pips0.3~0.4pips0.35pips
合計(往復)0.6pips0.5pips1pips0.6~0.8pips0.7pips

この取引手数料をpips換算したものと、スプレッドを合計した表は↓になります。

通貨ペアAXIORYTradeviewXMHotForexTitan FX
EURUSD0.7pips0.5pips1.1pips0.9pips0.9pips
USDJPY0.9pips0.6pips1.1pips0.9pips1.03pips
EURJPY0.9pips0.6pips1.2pips1.1pips1.44pips
GBPUSD1.1pips0.7pips1.3pips1.1pips1.27pips
GBPJPY1.3pips1.4pips1.9pips1.6pips2.15pips
EURGBP1.1pips0.9pips1.4pips1.5pips1.23pips
AUDJPY1.1pips0.9pips2.2pips1.5pips1.82pips
NZDJPY1.3pips1.2pips3pips1.7pips2.32pips
GBPNZD2pips1.8pips4pips2.6pips5.51pips

やはりTradeviewが一番安く、次いでAXIORYという結果です。

 

では、最もコストを低くしてFXしたい場合はTradeviewを選べばいいのかというと、これは人によります。

Tradeviewは海外FXの利用に慣れた中級者向け

Tradeviewは設立が2004年なので運営暦は長いです。また、金融ライセンスも信頼できるCIMA(ケイマン諸島金融庁)を取得していて安心感があります。日本語サポートデスクも用意されているので英語が苦手な人でも問題ありません。

 

一方で、ECN口座(Tradeviewでは『ILC口座』という名称)の最低入金額は1,000ドル(日本円口座なら10万円)以上となっています。そしてILC口座のMT4・MT5は最小ロットが0.1ロットです。このような条件からすると、少額からトレードを始めたい人には不向きな面もあります。

 

ほかにも、証拠金維持率が100%で強制ロスカットだったり、作ったばかりの口座のレバレッジは100倍 or 200倍(プラとフォームタイプによって異なる)で、引き上げるには申請が必要だったりします。

 

Tradeviewはどちらかというと、資金に余裕があり、資金管理がしっかりできる中級者トレーダー向けと言えるでしょう。

Tradeviewの評判と10のメリット・6つのデメリットを徹底解説
ブル吉 TradeviewっていうFX業者がスプレッド狭くてイイらしいよね。取引手数料も往復5ドルとかじゃなかった...

気軽に始められるAXIORY

AXIORYはTradeviewと違い、気軽に始められるのが特徴です。

  • 2万円以上の入出金なら入出金手数料は無料
  • 0.01~1,000ロットと保有できる取引数量の幅が広い
  • レバレッジ最大400倍
  • 口座をずっと放置していても、口座維持費はかからず、口座凍結などもない
  • 強制ロスカットは証拠金維持率20%
  • 日本人スタッフがいる

また、2007年設立なので運営暦はそれなりにあり、信託保全もあるので比較的安心です。

 

金融ライセンスはベリーズ(IFSC)なのでマイナーですが、基本的に日本人が利用できる海外FX業者はほとんどがマイナーなライセンスなので仕方ありません。

※有名な金融ラインセス下ではそもそも日本人は利用不可になっていることが多い

 

使い勝手に関しては特に大きなデメリットはないので、少額から始めたい初心者トレーダーから、大きなロットをコストを下げて取引したい中~上級者トレーダーまで利用しやすい海外FX業者でしょう。

AXIORY(アキシオリー)の評判と10のメリット・3つのデメリットを徹底解説
ブル吉 AXIORYのスプレッドがすごく狭いらしいけど実際のところどうなん?そもそもあんまりAXIORYのことを知...
ヤマアニキ
ヤマアニキ

使いやすい海外FX業者で、なおかつ、狭いスプレッド&安い取引手数料のところを選びたいならAXIORYが無難だろう。「気になるけど使うのが不安」って人はデモ口座から始めてみるのもアリだな

ブル吉
ブル吉

Tradeviewの「最低入金額10万円」なのがちょっとな~。最初はAXIORYを使って、そのうちレベルアップしてきたらTradeviewに移ろうかな

ベア吉
ベア吉

AXIORY1,000ロットまで保有できるのヤバイなw。にわかには信じがたいw