ヤマアニキ式|最も合理的で、シンプルなのに有効な、デイトレ思考。

海外FXによくある「追証なし」の意味を分かりやすく説明

この記事は約3分で読めます。
ブル吉
ブル吉

海外FX業者で「ゼロカット」「追証なし」って言葉をよく聞くんだけど何?

ベア吉
ベア吉

まず追証が何かわからないんですけどー

ヤマアニキ
ヤマアニキ

追証(おいしょう)は追加証拠金のことだ。「追証なし」は不測の事態で入金額以上の損失が出てしまっても、その損失分は海外FX業者側が補填してくれる措置のことだよ

海外FXの「追証なし」の意味

海外FXの「追証なし」は「借金リスクゼロ」だということ

海外FX業者でよく聞く「追証なし」というのは、「借金リスクゼロ」のことを指し示している。

 

例えば、海外FX業者「HotForex」は↓のようになっている。

【マイナス残高保護】

市場には変動がつきものです。HotForexのマイナス残高保護ポリシーでは、マージンコールやストップアウトが適切に機能しない市場の乱高下時でも、お客様にはマイナス残高を充当し直す責任がありません

残高がマイナス(借金)になってしまっても、オレたち利用者は、マイナス分を入金する必要がないということ。

HotForex(ホットフォレックス)はゼロカットシステム!追証なしで借金リスクゼロ!
ブル吉 HotForexのゼロカットシステムって何? ベア吉 「追証なし」...

 

また、海外FX業者「XM」は↓のようになっている。

XMTradingでは、お客様のご資金を最優先します。

一方、全てのお客様を対象にマイナス残高リセットが適用されますので、口座残高以上の損失は発生致しません。

口座がマイナスになってしまっても、その損失分(借金分)はXMがリセットしてくれる(なかったことにしてくれる)ので、口座に入金していた分は無くなってしまっても、それ以上に損失が広がることはないと言っている。

 

どちらの業者も、たとえ相場の大暴落で「マイナス残高(借金発生)」になってしまい、それが仮に何百万円、何千万円という、到底支払えない金額になってしまっても、追加で証拠金を入金しなくても良い(追証なし)のだ。

ヤマアニキ
ヤマアニキ

国内のFX業者は顧客のマイナス分を補填することができない。金融商品取引法で決まっているからね

マージンコールはある

追証は、英語で言うと「マージンコール」。

 

「マージンコール」とは、強制ロスカットまではいかないけど、「強制ロスカット手前まで含み損が大きくなっていますよ」と知らせてくれること。

 

例えば、SBI FXトレードなら、証拠金維持率が100%や60%になった時に「マージンコール」のメールを配信する。そして、50%になると強制ロスカット。

 

XMやHotForexは、証拠金維持率が40~50%になった時にマージンコール、10~20%になった時に強制ロスカットだ。

 

国内FXと海外FXの違いとしては、

  • 国内FX:マージンコールが発生したら翌営業日に入金しないと、たとえまだ強制ロスカットの水準に達していなくても、勝手に強制決済される
  • 海外FX:追加入金しなくても、強制ロスカットの水準に達しなければ強制決済されない

といったところだね。

ヤマアニキ
ヤマアニキ

海外FX業者が「追証なし」と言われる理由は、口座がマイナスになって借金が出来ても、それを補うために入金しなくても大丈夫だからなんだ

ブル吉
ブル吉

僕なら絶対、追証なしの海外FX業者のほうが安心なんだけど。もちろん安全な業者かどうか吟味する必要はあるけど

ベア吉
ベア吉

国内FX業者で追証がなければ一番いいのにね。日本はどうなってんじゃ